スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ロシア:入国に当たっての注意
1.最近、航空機でモスクワに到着した日本人が、誤ってパスポートを洗濯
 してしまったために人定事項欄が損傷し、判読できない状態になって
 いたとして入国拒否
となり、そのまま折り返しの便で搭乗地に送還される
 事案が発生しました。また、邦人駐在員が国外旅行先でロシアの就労査
 証を水に濡らしてしまい、やはり人定事項が判読できないことを理由
 に入国拒否
となり、日本へ送還される事案も起きています。

2.ロシアは、他の国では例を見ない程、外国人の渡航文書についての
 有効性を厳格に審査している国です。
上記1.前者の方がパスポートを
 洗濯してしまったのは5、6年も前で、その後も同パスポートを使って、日本を
 含め渡航が可能であったこと、ロシアの査証も同パスポートを基に取得でき
 ていたので、本人は無効な文書と判断されるとは思わなかったとのことです。
 このような入国拒否事案は、一般的に、ロシアの入国審査当局において決定
 が下されますので、外国政府の側からその処分の取り消しを求めても、それ
 を覆すことは非常に困難です。
3.つきましては、ロシアに渡航・滞在する方は、現有のパスポート及び査
 証について、洗濯、水に濡らした等で損傷、汚損等がないか、渡航前
 に確認してください。
  人定事項欄に損傷や汚損等が少しでもあれば、例えそのパスポー
 ト等を使用して他の外国への出入国が認められたことがあったとし
 ても、ロシアへの入国は認められない場合があり得ます。
このため、
 その場合は、トラブルを回避するため、新しいパスポート又は査証に切り
 替える手続きを行った上で渡航されるようお勧めします。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロに関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在ロシア日本国大使館
  住所:Kalashny Pereulok 12, Moscow, Russia
  ホームページ: http://www.ru.emb-japan.go.jp/
  電話: (7-495) 291-85-00、291-85-01
  FAX : (7-495) 694-1240
 ○在ウラジオストク日本国総領事館
  住所:Ulitsa Verkhne-Portovaya 46, Vladivostok, Primorsky Krai,
     690003, Russia
  電話: (7-4232) 26-7502、26-7513、26-7481
  FAX : (7-4232) 26-7541
 ○在サンクトペテルブルグ日本国総領事館
  住所:Nab. Reki Moiki 29, Sankt-Peterburg, 190000 Russia
  電話: (7-812) 314-1434
  FAX : (7-812) 710-6970
 ○在ハバロフスク日本国総領事館
  住所:Ulitsa Turgeneva 46, Khabarovsk, Khabarovsky krai, 680000,
     Russia
  電話: (7-4212) 413044、413045、413046
  FAX : (7-4212) 413047
 ○在ユジノサハリンスク日本国総領事館
  住所:Lenin St. 234, 5th Floor, Yuzhno-Sakhalinsk, Sakhalinskaya
     Oblast, 693020, Russia
  電話: (7-4242) 72-60-55、72-55-30
  FAX : (7-4242) 72-55-31
【2007/01/22 01:15 】 | 旧ソ連邦地域の渡航情報 ロシア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。