スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
サウジアラビアに対する渡航情報(危険情報)の発出
●全土:「渡航の是非を検討してください。」(継続)
                                        → 地図

1.概況
(1)サウジアラビア(以下サウジ)では2003年5月から2004年末まで各地で
  テロが相次ぎましたが、サウジ治安当局のテロ取締強化等により、2005
  年以降は、2006年2月24日のアブカイク石油施設に対するテロ事件を除
  き、テロは発生しておらず、総じて治安は改善の傾向にあります。
  かし、治安当局のテロ取締強化に伴って、テロリスト及び支援者の逮捕、
  武器・弾薬、現金の押収が相次いだほか、治安当局とテロリストとの間
  で銃撃戦が散発しており、依然としてテロ組織が一定の攻撃能力を
  維持している可能性は排除できません。


(2)アブカイクのテロ事件発生に加え、2006年10月にはサウジ当局が石油
  関連施設全般に係る脅威の存在を警告し、警戒を強化しています。

(3)アル・カーイダ系とみられるウェブサイト等で「湾岸における西側権益の
  一掃」「サウジにおけるテロ」を呼び掛ける声明等が相次いで発出されて
  います。過去には、アル・カーイダ関係者を名乗る者が、日本を標的と
  する旨の声明
を発した経緯もあり、日本人及び日本権益に対するテロ
  にも十分警戒する必要があります。
2.地域情勢
  全土:「渡航の是非を検討してください。」
(1)リヤド州及び同州近郊
   リヤド州では、2003年から2004年末にかけて外国人及びサウジ当局双
  方を標的とするテロ(下記事例参照)が続発しましたが、2005年以降、
  テロは発生していません。他方、治安当局のテロ取締強化に伴って、治
  安当局とテロリストとの間で銃撃戦が散発しており、2006年6月23日に
  は両者による銃撃戦でテロリスト6人が死亡、治安当局側にも死傷者が
  出ました。
 〈過去の事例〉
   ○2003年5月12日、外国人が主に居住する3か所のコンパウンド(外国
    人用複合住居施設)に対する自爆テロ(26人死亡、日本人3人を含む
    194人が負傷)
   ○同年11月8日、リヤド市内のアラブ系住民が居住するコンパウンドに
    対する自爆テロ事件が発生(17人死亡、122人負傷)
   ○2004年4月21日、リヤド市中心部に所在する内務省交通警察ビルに対
    する自爆テロ(6人死亡、146人負傷)、
   ○同年12月29日、内務省本部及び緊急特別部隊本部付近で連続爆弾テ
    ロ(4人負傷)

(2)マッカ州、マディーナ州、東部州
   上記3州では、これまで石油関連施設等を狙ったテロが発生していま
  す。2004年5月1日にマディーナ州ヤンブーの米国系石油関連企業が、同
  29日には東部州アル・コバルの外資系石油企業及びコンパウンドが襲撃
  され、多数の外国人が死傷しました。2006年2月24日には東部州アブカ
  イクの石油関連施設に対するテロが発生しています。このほか、2007年
  2月26日、テロか否か等、事件の詳細については現在までのところ判明
  していませんが、マディーナ近郊の砂漠地帯で車両により移動中のフラ
  ンス人9人が正体不明の車両から銃撃され、3人が死亡、1人が負傷する
  事件が発生しました。
   またジッダ(マッカ州)では、2004年12月6日に在ジッダ米国総領事館
  が襲撃されたほか、同総領事館に対する発砲事件(2006年5月)、テロ
  リスト取締りに伴う銃撃戦(2006年8月)、ルワイズ刑務所襲撃(2006
  年12月)等が発生しています。
   2006年10月にはサウジ当局が石油関連施設全般に対する脅威が存在す
  るとして警備を強化しています。

(3)上記以外の各州
   上記以外の各州は、州内にテロの標的となるような場所は少ないもの
  の、イラクを始め周辺各国と国境を接している等、テロリストが往来・
  潜伏するルートとなっている可能性があります。
   サウジ治安当局の能力向上及びテロ取締強化により、総じて治安は改
  善の傾向にあります。他方、治安当局のテロ取締強化が効果を上げてい
  るとは言え、イラク、イエメン等の不安定地域との国境管理が万全とは
  言えないこと、また、依然として未拘束のテロ指名手配犯が残存してい
  ること、さらに、相次ぐ武器・弾薬、現金の押収等を勘案すると、サウ
  ジにおけるテロの潜在的脅威は継続していると言えます。

   つきましては、サウジへ渡航・滞在を予定されている方は、引き続き
  渡航の是非を含め、自らの安全につき真剣に検討してください。既に滞
  在されている方については、在サウジ日本国大使館又は在ジッダ日本国
  総領事館と緊密な連絡を維持し、最新の治安情勢を注視しつつ、十分な
  安全対策を講じてください。

3.滞在に当たっての注意
  滞在中は下記事項に十分注意して行動し、危険を避けるようにしてくだ
 さい。また、外務省、在サウジ日本国大使館、在ジッダ日本国総領事館、
 現地関係機関、報道等により、最新情報を入手するよう努めてください。
(1)車両で外出する際には、駐車場所の選定に配慮(人通りの多い場所に
  駐車する、警備員等看守者の近くに駐車するなど)するとともに、車体
  の異常の有無(特に車体の下部)について目視による確認を行ってくだ
  さい。

(2)外出する際には、昼間のうちに所用を済ませ、夜間の外出は控えるよ
  うにしてください。ホテルやショッピングモール等多数の人が集まる場
  所では周囲への警戒を怠らず、事前に非常出口等の場所を確認しておく
  等、常に不測の事態に備えてください。また、移動経路や時間を変更す
  るなど、行動のパターン化を避けてください。

(3)欧米系関係施設及び欧米系の外国人が頻繁に出入りする場所を訪問す
  る際には、施設内外の不審者、不審車両及び不審物の有無等、周囲の状
  況に気を配り、テロ等不測の事態に巻き込まれないよう自らの安全確保
  に十分注意を払ってください。

(4)治安当局によるテロ組織のアジト摘発の際に、爆弾が仕掛けられた携
  帯電話や無線機が押収されていますので、不審物を見かけた際には、近
  づいたり接触しないようにしてください。

(5)コンパウンドの入居者及びコンパウンドを訪問される方は、周囲の状
  況を確認するとともに、管理者がどのような安全対策を講じているのか
  確認してください。また、安全対策が不十分と判断される場合には、管
  理者に対して改善を申し入れるなど、安全確保のために必要な措置を講
  じてください。

(6)サウジにおいては、コンパウンドの襲撃や、自宅とショッピングセン
  ター等との往復時に襲撃される事件が発生したほか、厳重な警備を敷い
  た米国公館が襲撃される事件が発生した点も考慮し、事務所や自宅の警
  備には十分な対策をとるようお勧めします。

(7)治安当局の取締強化に伴い、テログループとの間に銃撃戦が発生する
  場合もあり、治安部隊・警察関係者が集結しているような地域には近づ
  かない、銃声・爆発音に鈍感にならない等、摘発の際の銃撃戦に巻き込
  まれない注意も必要です。

(8)現地で車を運転される方は、運転マナーが悪い上、スピードの出し過
  ぎ等による事故が多発していることから細心の注意が必要です。

(9)現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡等に必要ですので、到
  着後遅滞なく在サウジ日本国大使館又は在ジッダ日本国総領事館に「在
  留届」を提出してください。また、住所その他届出事項に変更が生じたとき
  又はサウジから去る(一時的な旅行を除く)ときは、その旨の届出(変更
  及び帰国届)を行ってください。さらに、3か月以内の滞在であっても、緊急
  事態が発生した際、大使館又は総領事館から連絡しますので、緊急連絡
  先、滞在予定等を大使館又は総領事館に連絡してください。
   なお、在留届の届出は、郵送、ファックスのほか、インターネット
  ( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )によっても行うことができます。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3399
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在サウジアラビア日本国大使館
  住所:A-11 Diplomatic Quarter, Riyadh, Saudi Arabia
  電話: (966-1) 488-1100
  FAX : (966-1) 488-0189
  ホームページ: http://www.ksa.emb-japan.go.jp/
 ○在ジッダ日本国総領事館
  住所:Al-Islam St. No.32. Jeddah, 21431, Saudi Arabia
  電話: (966-2) 667-0676
  FAX : (966-2) 667-0373
【2007/02/27 15:10 】 | 中東地域の渡航情報 サウジアラビア
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。