スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
イタリア:ヴェネチアのユースホステルで盗難被害
ヨーロッパを列車で周遊旅行中、イタリアのヴェネチアに滞在。ユースホステルに泊まって、翌日はミラノに向かう予定にしていたが、ユースホステルを出発し、ヴァポレットで駅に向かう途中、カバンの中に貴重品入れがないことに気付いた。貴重品入れには、鉄道レイルパス、イギリスのレイルパス、ポンド立てのトラベラーズチェック、航空券が入っていたので、大慌てでユースホステルに戻り、泊まっていた部屋を探したが、見つからなかった。思い当たるのは昨夜、シャワーを浴びにちょっと部屋を出たとき、ロッカーに鍵をかけなかったこと。盗まれたものは仕方ないので、まずは航空券をかった代理店(日本)に電話して、再発行が可能か訊いてみた。航空会社の支店で再発行可能かもしれないとの言葉を信じて、一番近い支店がある、フランスのパリに向かうことに。トラベラーズチェックは、ヴェネチアの支店で手続きと受け取りが出来るようだったが、2・3日かかる様子。また、再発行には警察の盗難届けの書類が要るとのこと。レイルパスは諦めるしかなく、代わりのものを探さなければと思っていたら、滞在客らでわいわい食事を囲んでいた際に、「ユーロラインバス」の情報を教えてもらえた。ユーレイルパスのバス版みたいなもので、列車より安くヨーロッパを周ることができるらしい。と言うわけで、翌日、列車でまずはミラノに移動し、ミラノのユーロラインオフィスでユーロラインバス周遊パスを購入した。

イタリアを1人旅された女性の、トラブル体験談です。詳細は「イタリアで盗難トラブル」(海外一人旅:個人旅行ガイド)を参照ください。

テーマ:旅情報を集めよう - ジャンル:旅行

【2007/04/23 01:38 】 | 海外旅行のトラブル事例 欧州地域
<<イタリア:ATMトラブル | ホーム | スイス:チューリッヒでのスリ被害と諸手続き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tokoujouhou.blog73.fc2.com/tb.php/77-eafe9ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。