スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
トルコ:イスタンブール及びマルマリスにおける爆発事件の発生
1.報道等によれば、8月27日夜から28日未明(現地時間)にかけ、以下の事
 件が発生しました。
(1)27日21時30分頃(現地時間)、イスタンブールのバージュラル地区に
  ある学校付近で爆弾事件が発生し、6人が負傷しました。

(2)28日午前0時頃(現地時間)、ムーラ県のマルマリス(地中海沿岸の保
  養地)において、3回の爆発が発生し、英国人10人を含む21人が負傷し
  ました。

2.上記事件との関連性は不明ですが、これまでもスポット情報でお知らせ
 しましたように、イスタンブール市及びトルコ南部では、爆弾爆発事件な
 どが発生しています。また、報道等によれば、以前クルド系反政府組織が
 「我々は地元と外国の観光業者、ホテル、旅行・観光代理店を標的にす
 る。」との声明を発出した経緯もあり、引き続き、観光地がテロの標的と
 なる可能性は排除できません。

3.つきましては、トルコに渡航・滞在される方は、テロ事件や不測の事態に
 巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努め、治安関連機関
 を含む政府関連施設、欧米関連施設等テロの標的となる可能性がある場所
 には近づかない、不審な小包等には触れない、観光地においては多数の人
 の集まる場所での滞在時間をできるだけ短くし、ゴミ箱(鉄製コンテナ)をでき
 るだけ避け、周囲の状況に注意を払うなど安全確保に一層の注意を払ってく
 ださい。また、テロ事件が発生した場合の対応策を再点検し、状況に応じて
 適切な安全対策が講じられるよう心掛けてください。

4.トルコのイスタンブール県等については、これまでも危険情報において
 「十分注意してください。」が発出されていますので、その内容にも十分
 にご留意ください。また、爆弾テロに関する注意事項は、2005年10月19日
 付け広域情報「爆弾テロ事件に関する注意事項」を参照してください。な
 お、外務省海外安全ホームページ
 ( http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html )には、「海外へ進出
 する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」等のパンフレットを掲載して
 いますので、御参照ください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ、誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3399
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ、誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2903
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
 ○在トルコ日本国大使館
  電話:(代表) (90-312) 446-0500
 ○在イスタンブール日本国総領事館
  電話:(代表) (90-212) 317-4600
【2006/08/28 18:47 】 | 中東地域の渡航情報 トルコ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。