スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ジンバブエに対する渡航情報(危険情報)の発出
●全土 :「十分注意してください。」(継続)
                                     → 地図

1.概況
  ジンバブエでは、高い失業率、物価の高騰、食糧、ガソリン等基本的物資の慢性
 的な不足、さらには恒常的な停電・断水など経済・社会状況の一層の悪化を背景
 として、路上強盗、住居侵入等の凶悪犯罪に加えて、窃盗、置き引き、スリ等の一
 般犯罪が日常的に発生しています。
  2008年3月に大統領選挙及び議会選挙の同日選挙が予定されていますが、同
 選挙に向けて反政府運動が活発化し、治安当局との間で大規模な衝突が発生し
 たり、暴動等の不測の事態に発展する可能性もありますので、最新の現地情報入
 手に努める等十分な安全対策を心掛けてください。
続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2008/01/17 20:59 】 | アフリカ地域の渡航情報 ジンバブエ
中国:鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑いに対する対応の解除
1.中国(江蘇省南京市)における鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑いに対する
 対応の解除
  2007年12月11日付けスポット情報にてお知らせしました中国(江蘇省南京市)に
 おける鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例の発生に対し、我が国厚生労働省
 は12月27日付けで以下のとおり検疫体制の強化措置の解除を発表しました。

  12月9日以降実施していた中国からの帰国者に対する検疫体制の強化について、

 ・中国政府衛生部が濃厚接触者すべての健康監視の終了について発表したこと
 ・患者の隔離から潜伏期間以上の日数が経過し、同一地域において新たな感染
 者が認められないこと

 から、本対応については、12月26付けにて解除しました。

  なお、中国からの帰国者に対し、鳥インフルエンザ(H5N1)流行国として以下の
 とおり従来の対応を継続しています。
続きを読む

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/01/11 19:25 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国:鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例について
1.中国(江蘇省南京市)における鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例について

  2007年12月11日及び12月27日付けスポット情報にてお知らせしました中国(江蘇
 省南京市)における鳥インフルエンザのヒト-ヒト感染疑い例の発生に対し、中国
 衛生部は1月10日付けで感染源の調査結果について以下のとおり発表しました。

 ・2007年12月に鳥インフルエンザの感染が確認された24歳男性及びその父親(52
  歳)の2例の症例については、いずれもトリとの接触歴は確認されていない。
 ・とりあえずの判断として、今回の症例は、家庭内の密接な接触による感染である
  と考えられる。
 ・ヒトからヒトに感染する生物学的証拠はない。

  なお、このような家庭内における感染事例については、これまでインドネシア(2006
  年5月)、ベトナム(2005年1月他)、タイ(2004年9月)においても確認されています。

2.引き続き、鳥インフルエンザ発生国・地域では、不用意にトリに近寄ったり触れたり
 せず、衛生管理にも十分注意してください。また、帰国時に高熱、咳症状がみられる
 場合には検疫所の健康相談室にお申し出ください(帰宅後に同様の症状が現れた
 場合には、最寄りの保健所に相談し、感染地域に渡航していた旨をお知らせください
 )。その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥及び
 新型インフルエンザに関するQ&A」を御参照ください。
 ( http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html )

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/01/11 19:10 】 | アジア地域の渡航情報 中国
中国:麻薬(覚醒剤等を含む)犯罪に関する注意喚起
1.中国公安当局では、麻薬の密売や製造などに関する犯罪の摘発を強化し
 ており、中国における2007年1月から11月末までの摘発件数は前年より18%
 増えて5万件余りに上ると発表しています。

2.なお、2007年には、中国で麻薬密輸の罪に問われていた日本人3人が死
 刑判決を受けました。
また、12月には新たに大連で覚醒剤を国外へ持ち
 出そうとした日本人が逮捕されています。

3.中国においては、麻薬密輸罪は死刑を含む厳罰に処され、外国人も例
 外ではないことを十分認識し、麻薬犯罪に関わる行為は厳に行わないように
 してください。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/01/11 18:59 】 | アジア地域の渡航情報 中国
インドネシア、コモドドラゴンに襲われた
インドネシア、リンチャン島にて(1997年)。コモドドラゴンを目当てに島に渡り、現地人ガイドの案内で島を見て回った。いろんな昆虫や動物、爬虫類を見られ、大満足で案内所まで帰ってきた。その後ガイドと別れ、自分たちだけで船着場(案内所とは700mほど離れている)に戻ることにした。しかし船着場に向かって歩いていると、後ろから1匹のコモドドラゴンが追ってきた…。ガイドのおじさんから、コモドドラゴンの足が意外と速いことを聞いていたので、駆け出したい気持ちを抑えながら早足で歩いた。そしてカーブを曲がればあと少しで船着場…と言うところで、別のコモドドラゴンと遭遇! 右手は盛り上がった崖。左手には犬小屋ほどの岩とその先はマングローブの林…。慌てて犬小屋ほどの小さな岩に登ったが、前からもコモドドラゴン、後ろからもコモドドラゴン…。「日本人女性 インドネシアでコモドドラゴンに襲われる」という記事が頭をよぎる中、張り裂けんばかりの大声で、船着場に向かって「ヘルプ・ミーーーーーー!!!」と叫んだ。何度か叫んだところで船のスタッフが気付き、前から来るコモドドラゴンに竹で威嚇したり石を投げたりしたが、効果なし。むしろ早足で、こちらに向かってきた。襲われる!と目を瞑った瞬間、幸いなことに、そのコモドドラゴンは自分たちの目の前を通り過ぎ、後ろから追ってきていたコモドドラゴンと合流して、案内所の方向に消えて行った。

リンチャン島は小さいので、コモドドラゴンに会う確率が高い。必ず「常に現地ガイド付きで」行動すること。

〔mixi〕世界の危険宿・人物&被害情報」に寄せられた体験談より。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

【2008/01/03 13:17 】 | 海外旅行のトラブル事例 アジア地域
ハイチに対する渡航情報(危険情報)の発出
●全土 : 「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
                                           → 地図

1.概況
(1)首都圏では、国家警察(PNH)及び国連ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)の治
  安維持活動により、襲撃や誘拐事件が減少するなど、治安状況の改善がみられま
  す。

(2)地方においても、PNH及びMINUSTAHの治安維持活動により、武装集団による凶
  悪犯罪は減少傾向にあります。しかし、首都圏同様、依然として正体不明の集団
  による誘拐、殺人等の凶悪事件が発生しています。
続きを読む

テーマ:中米 - ジャンル:海外情報

【2007/12/07 21:29 】 | 中南米地域の渡航情報 ハイチ
中国:買春への注意喚起
1.最近、日本人が中国国内で買春行為により公安当局に拘留されるケース
 が増えています。中国においても売買春は違法であることを十分肝に銘じ、
 このような行為は厳に行わないようにしてください。

2.なお、買春行為は、状況により「治安管理法処罰法」の適用を受け、10日
 以上15日以下の拘留に加え、5,000元以下の罰金に処される可能性があり
 ます。また、国外退去や一定の期間入国禁止となる場合もあります。
 2008年の北京オリンピックに向け、中国当局が風俗取締りを強化している
 という情報もあります。

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/10/23 19:27 】 | アジア地域の渡航情報 中国
ナイジェリアに対する渡航情報(危険情報)の発出
リバース州ポートハーコート市
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(引き上げ)
リバース州(ポートハーコート市を除く)、バイエルサ州及びデルタ州
    :「渡航の延期をお勧めします。」(特に組織的かつ十分な安全対
     策をとることができない方は、同地域からの退避をお勧めします。)(継続)
アクアイボム州の沿岸部
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
エキティ州
    :「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)
●その他の地域
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

                                        → 地図


1.概況


南部の河川域に広がる石油産出地帯(ナイジャーデルタ地域)及びその周辺の州においては、2007年に入り外資系石油企業社員だけでなく外国人労働者や一般外国人をも対象とする誘拐事件が頻発しており、7月末現在で45件159人(うち4人は死亡)の外国人が誘拐されています。同地域の中でも、特にリバース州、バイエルサ州及びデルタ州の3州に対しては、既に英国及び豪州がそれぞれの自国民に対して同地域から退避するよう勧告を出しています。同3州における外国人を対象とした誘拐事件は41件に上り、既に昨年1年間の約2倍(報道によれば、昨年は約75人)に当たる148人の外国人が被害に遭っています。その他の地域においても、武装強盗、殺人、強姦、詐欺等の一般犯罪が増加の一途をたどっています。

また、H5N1型鳥インフルエンザのトリへの感染が25州で確認されているほか、1月にはラゴスでヒトへの感染例が確認されています。

続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/08/07 18:28 】 | アフリカ地域の渡航情報 ナイジェリア
スーダンに対する渡航情報(危険情報)の発出
ダルフール地方北ダルフール州(エル・ファシール市を除く)、南ダルフール
            州
(ニヤラ市を除く)、西ダルフール州)、南部地方南コルド
            ファン州
(カドグリ市を除く)、上ナイル州(マラカル市を除く)、
             ジョングレイ州、東及び西エクアトリア州、ユニティー州、
            レイク州
(ルンベク市を除く)、中央エクアトリア州(ジュバ市
             を除く)、ワラブ州、北及び西バハル・アルガザール州(ワ
             ーウ市を除く))
 東部地方の一部エリトリア国境付近及び紅海州トカル郡、カッサラ州ハマ
            シュクリーブ郡

    :「渡航の延期をお勧めします。」
     (退避の可能性も検討してください。)(継続)

東部地方の一部(ガダーレフ州、青ナイル州)並びにエル・ファシール、ニヤラ、
            カドグリ、マラカル、ルンベク、ジュバ
及びワーウの各市
    (空路でアクセスする場合に限る)
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

紅海州及びカッサラ州(エリトリア国境付近及び紅海州トカル郡、カッサラ州ハ
                  マシュクリーブ郡を除く)
    :「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)

首都ハルツーム市を含む上記以外の地域
    (北部州、ナイル州、ハルツーム州、北及び西コルドファン州、センナール州、
     ゲジーラ州、白ナイル州)
    :「十分注意してください。」(継続)
                                      → 地図

続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/06/11 00:31 】 | アフリカ地域の渡航情報 スーダン
コンゴ民主共和国に対する渡航情報(危険情報)の発出
南キブ州、北キブ州、オリエンタル州(キサンガニ市を除く)、マニエマ州
 (キンドゥ市を除く)及びカタンガ州北部
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(継続)

キンシャサ特別州(首都キンシャサ市を含む)、赤道州(ムバンダカ市を除く)、
 カサイ・オリエンタル州(ムブジマイ市を除く)、カサイ・オクシデンタル州
 (カナンガ市を除く)、カタンガ州南部(ルブンバシ市を除く)、バンドゥンドゥ州
 (バンドゥンドゥ市及びキクウィット市を除く)、キサンガニ市及びキンドゥ市
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

バ・コンゴ州、ムバンダカ市、ムブジマイ市、カナンガ市、ルブンバシ市、
  バンドゥンドゥ市及びキクウィット市

    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
                                      → 地図

1.概況
(1)2006年10月、大統領選挙第二回投票(決選投票)が実施され、11月カビ
  ラ候補が当選しました。これに対し、対立候補であったベンバ副大統領は
  選挙結果を受け入れました。また、2007年2月には新内閣が発足しました。
  3月22日には、キンシャサ市内でベンバ前副大統領私兵と政府軍との間で
  銃撃戦が発生しました(23日夕方には落ち着きを取り戻しました)。
   治安情勢不安定化の一因となっていたベンバ前副大統領は、4月11日、
  治療目的でポルトガルに向け出国しました。しかしながら、同前副大統領
  が帰国した場合には、現内閣に対する国民の不満の高まりとあいまって、
  再び治安情勢が不安定化する可能性も排除されません。
続きを読む

テーマ:渡航情報、危険情報 - ジャンル:海外情報

【2007/06/08 19:35 】 | アフリカ地域の渡航情報 コンゴ民主共和国
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。